援助交際に関するリアルガチ情報サイト

援交マニュアル

援助交際情報

【2019年版】援交・パパ活ができる出会い系サイト・マッチングアプリ一覧

更新日:

ここでは具体的に援交やパパ活を募集している女性と出会うことができる出会い系サイト、マッチングアプリ、交際クラブなどを知る限りで全て紹介する。

ステマ抜きで大手サイトから弱小アプリまでしっかりまとめてあるので目を通してみてほしい。

援交ができるサイト・アプリ

援交ができるサイトの大定番と言えば、昔から今まで変わらず出会い系サイトだ。基本的にユーザーが多くて運営歴の長い大手サイトならどこでもOK。

ただしこういったところで援交をしている女子は素人でも慣れていて、セミプロみたいな子が多い。また、援デリと呼ばれる業者も多いので注意。

3大援交サイト

まずは援交で大定番の3大大手サイトを紹介。

決して援交サイトとして売り出しているわけではないが、実質そうなっている。

この辺のいわゆる出会い系サイトは、基本的にはポイント課金制。あまり使わなければお金はかからないし、使いまくればそれなりにお金がかかる。

ワクワクメール

大手サイトの中で唯一パパ活OKとしている老舗の出会い系サイト。

大手出会い系サイトの中では最も規制が緩く、最も使いやすい。素人率も一番高い印象。

WEB版とアプリ版があるが、アプリ版はアプリストアの規制が厳しいため、いろいろと機能が制限されている状態でリリースされている。

そのため、基本的には下記リンクのWEB版の利用がおすすめ。

ワクワクメール 公式Webサイト(R18)»

ハッピーメール

某県知事が援交に使っていたことで有名な大手出会い系サイト。累計ユーザー数が最も多い。

最近は綺麗なマッチングアプリとして押し出しているが、依然として中身は援交や業者の多い典型的な出会い系サイトである。

PCMAX

こちらも援交と言えば定番の大手サイト。有名どころでは最もアダルト色が強い。

あまりにも援交と業者が多すぎたためか、最近はやたら規制が厳しくなってきている。それでもまだまだ実質援交サイト。

おすすめではないが援交ができるサイト

ここからは上記3サイトと比べるとおすすめと言うほどではないが、援交が可能なサイトを紹介。

イククル

大手ではないが、老舗の中堅出会い系サイト。

大手サイトじゃなくわざわざここを利用する理由はなさげ。

Jメール

イククルと同じく、老舗の中堅出会い系サイト。

九州発のサイトで九州地方のユーザーが多いため、地域限定では悪くない。

チャットアプリ全般

無料のチャットアプリも援交可能。アプリの利用にお金は一切かからない。

具体的な名前をあげると「ぎゃるる」「マリンチャット(現オルカ)」などが有名。

ただし未成年も多く警察にも目をつけられていると思われるので、最も危険な選択肢。

TwitterなどのSNS

SNSは探してみると援交募集がよくある。

特にTwitterは援交募集の定番サイト。

しかし昨今では業者がめちゃくちゃ多いので、初心者には不向き。

あまり有名ではない中堅SNSなんかの方が、良い感じに援交募集の穴場サイトだったりする。

パパ活

定番のマッチングアプリから、ここ最近増えまくっているパパ活専用アプリや高級交際クラブまで紹介する。

援交サイトと比較して、体の関係を前提としていない分、若くて可愛い子が多い。

ただし、援交よりも気軽に手を出している子が多いので、水商売はやりたくないけど手軽に金を貰いたいという男や世の中を舐め腐った生意気な子も多い。

高級交際クラブなどになると、その辺がしっかりとしてる子やハイスペックな女性が比較的多くなる。高いけど。

定番のパパ活アプリ

まずはユーザーが多くパパ活としても定番のマッチングアプリを紹介。

基本的に公式サイトで「ワンランク上の出会いを~」みたいなことが書いてるアプリはパパ活アプリだ。

いずれもマッチングアプリなので基本的には月額課金制。がっつり使ってもあまり使わなくても月数千円程度の定額支払いとなる。

paters(ペイターズ)

パパ活専用のマッチングアプリとして流行っている有名アプリ。

女子大生などの若い女子たちの間でもかなり知名度があり、今パパ活と言えば間違いなくここ。

堂々と「パパ活アプリ」として街宣トラックまで走らせている異常なアプリ。なぜ規制されないのか不思議で仕方ない。

パパになりたい人やパパが欲しい子は今のうちに登録しておくべきだろう。

paters(ペイターズ) 公式アプリ(R18)»

paters(ペイターズ) 公式Webサイト(R18)»

Dine

「デートにコミットする」がコンセプトのマッチングアプリ。

ぱっと見のパパ活アプリ感はそこまで露骨ではないが、中身はやはりパパ活目的の女子ユーザーがかなり多い。

コンセプトからもわかる通り、面倒なやり取りをしなくても即アポできるのがDineの良いところ。

東カレデート

まだユーザーは少ないが、最近ちょいちょい話題の実質パパ活専用マッチングアプリ。

アッパー層限定で審査制のマッチングアプリとして、パパ活女子から注目されている。

登録の際に年収などで審査されるため、男性登録の敷居はやや高い。

パパ活アプリじゃないけどパパ活できるアプリ

お次はパパ活アプリではない普通のマッチングアプリだけど、パパ活目的もいるアプリを紹介。

Pairs(ペアーズ)

普通の恋活・婚活として大定番の最大手マッチングアプリ。

しかし実際に利用してみればわかるが、ユーザーが多いため、堂々とパパ活をしている女性もそこそこいる。

パっと見は普通に恋愛目的で利用してそうでも、実はパパを求めて利用していたりする。

プロフィールに「わがまま聞いてくれる人」とか「応援してくれる人」とか書いてる女性はだいたいパパ募集。

Tinder(ティンダー)

ペアーズ同様、普通の出会い用の定番マッチングアプリだが、パパ活女子もそこそこいる。

ペアーズよりは層が若くてノリの軽いアプリ。ペイターズやペアーズと違って基本利用は無料。

各種SNS

援交同様、やはりTwitterなどの各種SNSでもパパ活は可能。

露骨に募集しているのは業者だったりするので、「パパ作ろうかな~」くらいのテンションでつぶやいている子とやり取りする方が良さそうか。

その他のパパ活専用サイト・アプリ

ここからは定番どころとははずれるが、パパ活やギャラ飲み専用のアプリを紹介。

paddy67

まだ知名度がなくユーザーも少ないが、広告宣伝をがんばっている印象なので、今後盛り上がるかも。

PARPY(パーピィ)

ユーザーは少ない。

papatto(パパット)

ユーザーは少ない。iOSのみ。

pato

ユーザーは少ない。

交際クラブ

交際クラブとは、お金持ち男性・高収入男性のみが登録でき、ハイスペックな女性を仲介・紹介してもらい、デートすることができるサービス。

パパ活サイト・アプリの高級版と言えばなんとなく伝わるだろうか。パパ活という言葉が生まれるずっと前からある。

基本的にはどのサービスもしっかりとした審査があり、プランにもよるが登録や会費にそれなりの料金がかかるので、本当にお金に余裕のある人以外にはおすすめしない。

ユニバース倶楽部

今現在、交際クラブと言えばここが有名。

金はかかるが本当にハイレベルな女性と遊ぶことができるという評判。

SugarDaddy(シュガーダディ)

最近ネットでよく目にする交際クラブ。

LoveDaddy

最近できたばっかりっぽい交際クラブ。

Moments

聞いたことないサイトだったが一応。

目的とスペックに応じて的確なサイト・アプリ選びを

どうだろうか。知らないサイトやアプリがあったと思う。

他所の情報サイトでは紹介料を貰えるサイト・アプリしか紹介しないところが多いため、このように一覧としてまとめているところは少ない。

援交やパパ活をするならまず「どんな子と何がしたいのか」をしっかり考え、そして自分のスペックを考慮して合うサイト・アプリを利用しないと、時間やお金を無駄にしてしまう。

わかりやすくまとめておこう。

パパ活ができる場所まとめ(↓にいくほど女子のレベルは上がる)

  • 援交(セックス)がしたい→出会い系サイト(援交サイト)
  • 金持ちではないがパパになりたい→マッチングアプリ(パパ活アプリ)
  • 金に物を言わせてハイレベルな子と遊びたい→交際クラブ

最初の方でも触れたが、規制が緩く最も定番のサイトはワクワクメール(R18)。料金は自分で調整できるしユーザーも多いので、とりあえず間違いのないサイトだ。

以上の話を参考に的確で満足のいく援交・パパ活ライフを楽しんでほしい。

ここまでは18歳以上の女性と合法的に援交・パパ活をする場合に利用するサイト・アプリを紹介した。

18未満の女子と援交をしたいとなると、当然違法だし規制が厳しいので、無料アプリやSNSで探す必要がある。詳しくは以下の記事で。

JKやJCと援交ができるサイト・アプリ

18歳以上の女子と援交をする方法は、これまでの記事で解説してきた。 今回は18歳未満の女子高生(以下JK)・女子中学生(JC)・女子小学生(以下JS)、もしくは18歳ぴったりの高校三年生と援交をする方 ...

-援助交際情報

Copyright© 援交マニュアル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.